1. ホーム
  2. 大學からのお知らせ
  3. 緊急経済支援奨學金実施のご報告と継続支援のお願い

緊急経済支援奨學金実施のご報告と継続支援のお願い

 本學では、新型コロナウイルス感染癥拡大により実施した経済的に困窮する學生への支援『緊急學生支援パッケージ』の一つとして、2020年4月から獨自の奨學金給付のための寄附を募りました。その結果、卒業生、教職員並びに地域の皆様から、760件、2400萬円を超える多大なご支援をいただき、令和2年度中に約500名の學生に総額約2000萬円(本寄附金以外の予算も含む)を支援することができました。皆様からの溫かいご支援に深く感謝申し上げます。
 ご寄附をいただきました皆様からのメッセージ及び、給付を受けた學生からの御禮メッセージが屆いておりますので、一部をご紹介させていただきます。

 新年度になりましたが、新型コロナウイルス感染癥の影響はまだ続いておりますので、今年度も新たな學生支援を予定しております。
 コロナ禍でも學生の修學環境を守るために、引き続き、茨城大學基金へのご協力をお願いいたします。

ご寄付をいただいた皆様からのメッセージ

一般の方

  • 地元の大學の學生の困難を少しでも助けられればと思い、寄附しました。
  • 今のような狀況だからこそ、より學び、感じ、遊び、戀愛してほしい。若い方々が安心して過ごせる日常が未來です。
  • 厳しい環境に置かれた學生の前途が少しでも明るいものにしたいです。

卒業生?修了生

  • 新型コロナウイルスの影響により、経済的な面で學業を続けることが難しい學生が増えていると報道で知りました。少しではありますが、後輩たちの助けになればと思い寄附いたします。
  • 大學時代で學んだことが今の仕事に繋がり、四年間の大學生活にとても感謝しています。學びを続けてほしいという願いをこめて、寄附いたします。
  • 30年前、授業料を免除いただき修學することができました。そのときの恩を母校にお返しすることでコロナ禍で困窮する後輩への支援となればと思い、微力ながら寄附させていただきます。

保護者の方

  • コロナの影響で退學する學生が出ないことを祈ります。
  • コロナウイルスで生活が困窮してしまった學生の役に少しでも立てれば嬉しいです。

教職員(退職者も含む)

  • 茨城大學元職員として學生の支援に役立てていただきたい。
  • 大學で學生支援に攜わり、支援の必要を実感しているため、協力させていただきます。

學生からの御禮メッセージ

人文社會科學部 3年

 1度目の緊急學生支援奨學金を受給させて頂きました。私はアルバイトの収入があることによって、大學に通うことで金銭的に両親に負擔をかけてしまっているという罪悪感をなんとか抱かないようにしてきました。しかし、このコロナ禍で、アルバイト収入が得られなくなってしまい、自宅にいる時間が増え、自ずと一人で考え込んでしまい、罪悪感に苛まれてしまうようになりました。また、食費や光熱費なども削らなければ、とお金のことばかり心配しなければならなくなり、不安ばかりで、気持ちが塞ぎ込んでしまっていました。今思えば、大學生の本業である學業のことに身が入っていなかったように思います。

 そんなときにこの奨學金を頂けたことは、本當に救いでした。これで両親に迷惑をかけずに済むんだ、と思えたときに、本當に心が軽くなりました。食事も安くすむものばかり買ってかなり偏ったものになっていたので、ほうれん草などの野菜など、買っていなかったものを買えたのも嬉しかったことを覚えています。

 お金がなくなると本當に精神的に追い込まれ、そればかり考えてしまうことを痛感しました。奨學金を頂けたことは、心の安定や健康な體の維持にもなったと実感しています。両親も本當に感謝しておりました。

 この奨學金を成立させて下さった方々に、心から感謝を申し上げます。本當にありがとうございました。これからの大學生活も、精一杯、積極的に學びを得る姿勢を忘れずに過ごしていきます。

教育學部 3年

 ご支援ありがとうございました。コロナ禍で中々外出できない日々が続きますが、暖かいご支援をいただけることは、學生として、勉學の勵みとなりました。いつか私の後輩たちに、今回の恩返しをしていきたいと思います。

理學部 2年

 おかげさまで勉學に集中することができております。この感謝の気持ちを胸に、今度はわたしたちがいつか力になって皆様のお役に立てるよう、今は勉強を頑張ります。寄附していただいた気持ちが何よりもうれしいです。ありがとうございました。

工學部 4年

 新型コロナウイルスの影響でアルバイト収入がかなり減ってしまい生活が厳しい狀況でしたが、奨學金のおかげでなんとか生活を維持できました。

農學部 2年

 寄付をしていただき誠にありがとうございました。本來期待していた生活がこの狀況下で変わってしまい、不安がたくさんつのっていました。アパートは學校の対面の授業がいつ開始するかわからない狀況であったので、借りっぱなしの狀態でした。結局1年間アパートで住まずに、家賃を払うことになってしまったので、給付して頂いたものをアパート代に當てられ、本當に感謝しております。ありがとうございました。

大學院 1年

 この度はこのような経済支援にご協力賜り、大変感謝しております。私は両親からの仕送りは無く、生活費をアルバイト収入で賄っていたため、生活費として使わせていただきました。また、一部は就職活動の為の情報収集として、書籍を購入させていただきました。この恩を忘れず、私も將來未來の學生に対し、是非何かしらの形で応援したいと思います。

學生への修學支援を含む茨城大學基金へのご寄附については、茨城大學基金のホームページ(ご寄附のお申し込み)からお手続きをお願いします。

お問い合わせ

茨城大學総務部基金?同窓會課
茨城県水戸市文京2-1-1
TEL:029-228-8781
FAX:029-228-8249
茨城大學基金HP:http://www.bi-protection.com/fund/

男女裸交无遮挡啪啪激烈试看,免费人成在线观看视频播放