1. ホーム
  2. NEWS
  3. 【動畫あり】地域の未來にSDGsをどう活かせるか ―茨城大&常磐大連攜シンポを開催

【動畫あり】地域の未來にSDGsをどう活かせるか
―茨城大&常磐大連攜シンポを開催

地域の大學とSDGs

 國連が定めるSDGs(持続可能な開発目標)の実現へ向けて、地域のさまざまなアクターが取り組みを進めており、地球規模の課題に関わる各分野の専門的知見の活用や學生を中心とした活動といった點で大學が果たすべき役割も大きくなっています。水戸市內にキャンパスを有している茨城大學と常磐大學の両大學は、持続可能な地域づくりのためのビジョンを示すものとしてSDGsを重視しており、教員や學生の個別の活動に留まらず、組織的な取り組みも強化しています。

 こうした中、11月2日(火)、両大學の主催により、「地域の未來にSDGsをどう活かせるか―大學の役割と実踐の知恵―」と題したシンポジウムを、ザ?ヒロサワ?シティ會館小ホール(水戸市)で開催しました。新型コロナウイルス感染癥対策を講じた中、會場には90人以上が駆けつけたほか、YouTube LIVEで行った動畫中継も多くの方にご覧いただきました。

 シンポジウムの冒頭、オープニングトークを務めた本學の太田寛行學長は、自分と他者の幸せを守ることがSDGs実現のベースにあるとし、「他者を三人稱ではなく二人稱として(身近な存在として)思い浮かべることができれば、SDGsに近づけるのではないか」と述べて、今回のシンポジウムの役割に対して期待をこめました。

LUNA3444.jpg

ウスビ?サコ氏の講演―"やっている"感だけではいけない、本當の意味で世界の共存をどうするか

 今回、キーノートスピーチ(基調講演)の講師に迎えたのは、京都精華大學のウスビ?サコ學長です。サコ氏には、自身の知見と経験を踏まえ、日本の大學と地域社會におけるSDGsの意義についてお話をいただきました。

 サコ學長はマリ共和國生まれ。國費留學生として中國?北京語言大學、南京東南大學を経て來日し、京都大學大學院工學研究科で建築學を専攻。京都精華大學人文學部教授、學部長を歴任し、2018年から同大學の學長を務めています。就任の年には「京都精華大學 ダイバーシティ宣言」を、2020年には「京都精華大學 SDGs宣言」を採択し、大學をあげてダイバーシティ、地域におけるSDGs活動を牽引しています。

LUNA3488.jpg

 講演では、自分の育った母國の家族制度、地域社會の紹介に始まり、フィールドワークを中心にした環境問題、生活空間の近代建築研究を通じて見えてきた日本の地域社會の特徴、その視點を踏まえた學生教育のありかたなどを幅広く紹介。多様性の実現に向けては、マイノリティ優遇からマジョリティの意識改革へと照準を変えていくべきではないかと指摘し、特にデジタルネイティブと呼ばれるZ世代の若者における地域とのかかわりや他者とのコミュニケーションのありかたが、SDGsの理念を活かした共存社會の実現に欠かせないことを指摘しました。

LUNA3471.jpg

 自分の足元をしっかり見つめ、身近な異文化を意識することに、気づきの機會を與えることが大學として重要と述べたサコ氏。SDGsの推進のためには、気負わず、身近なところから始めれば良いとしたうえで、「"やっている"感だけではいけない。本當の意味で世界の共存をどうするか、格差社會をどうするか」を考えてほしいと提言。「自分の変化を恐れてはいけない。ソリューション(解決)ばかりでなく、問いにたどり著くことこそが世界を救う」と力強く訴えました。

茨城大&常磐大の教員?學生の実踐―My SDGs

 後半は「My SDGs」と題したトークセッション。茨城大學と常磐大學の4名の教員が登壇し、それぞれの取り組みを紹介しました。

LUNA3502.jpg

 常磐大學の小関一也準教授は、「"地域"と"世界"をつなぐ大學教育の可能性:フィリピン研修におけるSDGs実踐から」と題して、同大のフィリピンでの海外研修について報告。フィリピンを訪れた學生たちが現地の絹織物の商品を企畫し、水戸市內のイベントで販売したフェアトレードの実踐事例を紹介しました。その他、小さな子どもたちにもフェアトレードを伝える取り組みや、絵畫を通じた現地と日本の子どもたちとの交流など、學生の可能性を存分に活かしながらグローバルパートナーシップを実踐的に進めていく取り組みが報告されました。

LUNA3508.jpg

 続く本學の藤田昌史準教授の報告テーマは、「持続可能な社會のための水環境研究:涸沼から太平洋小島嶼まで」。茨城県の涸沼とマーシャル諸島のマジュロ環礁での現地調査について紹介しながら、人間生活が自然からさまざまな恩恵を得ていること、それを維持していくためには保全?再生が必要であることを、具體的なデータを示して説明しました。これらは、水の生態系、陸の生態系両方の保全はもちろん、気候変動対策や住み続けられるまちづくりにもつながる取り組みといえます。

LUNA3545.jpg

 常磐大學の旦まゆみ教授は「ゼミ生による地域の小學校へのSDGs教育の実踐とキャリア形成」と題して、経営學科におけるSDGsに関する教育実踐を紹介。學生たちはまずSDGsについて文獻で理解を深め、自分たちにできることを検討。大洗海岸でゴミの収集を行う中で海洋プラスチックの問題の実態に觸れるなどの體験をしました。その後、そうした経験をもとにSDGsをテーマにした「ときわこども新聞」を制作して、地域の小學校へ配るなど、その知識を地域で共有しました。

LUNA3552.jpg

 本學の後藤玲子教授からは「地域のジェンダー問題をEBPMで解決するために:大學と自治體の連攜実踐」と題して、2016年から水戸市の男女平等參畫課や情報政策課と取り組んでいるジェンダー政策についての紹介がありました。「男女の所得や家事時間などのデータは市町村単位ではほとんどない」と後藤教授。本學と水戸市では、それらのデータ収集、分析、見える化を進め、さらには學生も參加して政策提言を実施。地域における「実証的な証拠に基づく政策形成」(EBPM : Evidence Based Policy Making)の実踐例として報告しました。

SDGsは個々人の変化、行動規範の変容にかかってくるゴール

 4名それぞれの報告のあとは、ウスビ?サコ氏と常磐大學の富田敬子學長が加わり、本學の蓮井誠一郎學長特別補佐(SDGs推進)の進行のもと、ディスカッションを行いました。

LUNA3606.jpg

 富田學長はかつて國連で経済社會局統計部次長などを務めていました。2015年のSDGs採択時、その広域さと野心的な取り組みについて「世の中にどれだけ訴求するのか、理解されるのか、正直、懐疑的だった」と振り返ります。しかし、実際にはその後このコンセプトが世界中に大きく広がり、受け入れられていきました。そのうえで富田學長は、「SDGsには、Local Community、Local Authority(自治體)という言葉が多く出てくる。地域での協働が必要ということ。今回、二つの大學と水戸市とでこういうシンポジウムを開けたことを本當に嬉しく思う」と述べました。

LUNA3616.jpg

 ディスカッションでは、私たちに求められる行動変容は何か、それに対して大學教育は何ができるか、といった観點で意見交換がなされました。
 サコ氏が「『地域』の話、『住み続けられるまち』という課題の解決は、誰かがやってくれるわけではなくて、みなさんの手でしかなされない。だからSDGsは個々人の変化、行動規範の変容にかかってくるゴールだということを、われわれは立ち止まって自覚しなければならない」と語ると、富田學長は、「私たちが日々とっている行動が未來社會にどうつながるのか、あるいはどのような変容によって未來社會がつくられていくのかを考えることが大事。知を生み、知を育てるという役割をもつ大學の大切さを、改めて気付かされた」とディスカッションを締めくくりました。

 茨城大學と常磐大學は、引き続きSDGs実現へ向けた取り組みを、地域の方々と推進していきます。みなさん一人ひとりが「パートナー」です。一緒に行動していきましょう。

LUNA3677t.jpg

男女裸交无遮挡啪啪激烈试看,免费人成在线观看视频播放